個人再生にかかる費用

本人が申し立てる場合と、弁護士や司法書士に依頼する場合は異なります。
必要経費は裁判所によって多少異なります。所轄の地方裁判所に問い合わせてください。

以下は、本人申し立てをする際の一般的な費用です。

・申立手数料(収入印紙) 10,000円
・予納金(官報公告費用) 12,000円前後
・予納金(個人再生委員報酬) 150,000~250,000円位
・予納郵券 4,000~8,000円位

※個人再生委員が選任されない場合には予納金(個人再生委員報酬)は必要ありません。
※弁護士や司法書士に依頼する場合、個人再生委員報酬を含めて40万円から70万円程度かかります。

比較的新しい整理方法のため、個人での申し立てに対して非協力的な裁判所もあり、用件も煩雑で分かりにくいので、専門家の弁護士や司法書士に依頼する方がいいでしょう。

今すぐ専門家を探す

自己破産に強い専門家をPICK UP!!

自己破産に強い専門家を「自己破産相談ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 引っ越し 防犯・カギの事なら.net Q&A QRコード