あなたの街の自己破産の専門家をご紹介する総合サイト

自己破産相談ポータル

自己破産の必要書類

破産申立書一式は各地方裁判所でもらえます。申し立てをする裁判所に問い合わせてください。
申し立て一式は、破産申立書、陳述書、家計全体の状況、財産目録の4つからなり、各裁判所によって様式が違います。

破産申立書の内容は申立人の氏名、生年月日、本籍、住所、連絡先、申し立ての理由や趣旨、家族の状況、申立人の経歴、申立人の収入や借金の時期、生活状況、総額や使途、申立人の財産、債権者との状況などです。
陳述書は破産申立書の別紙となっており、破産に至った事情についての詳細を作文のような形式で作成します。
家計全体の状況は破産申立書の別紙となっており、前2ヶ月分の収入及び支出の細かい状況を記載します。
財産目録は破産申立書の別紙となっており、不動産、自動車、購入価格が10万円以上のもの、現金、預貯金、有価証券、保険などが記載事項です。
債権者の住所氏名、債務総額、借り入れの時期、返済した額などを記載します。債権者一覧表に記載した情報が正しいことを証明するための添付書類が必要になります。

①手続に必要な書類等

・破産、免責申立書
・陳述書
・財産目録
・2ヶ月の家計表
・債権者名簿
・戸籍謄本(戸籍抄本は不可。申立てから3ヶ月以内のもの)
・住民票(世帯全員の写しで省略のないもの。申立てから3ヶ月以内のもの)
・預貯金通帳等のコピー (過去2年分)

②場合によって必要となる書類

○ 給与所得がある方

・源泉徴収票(直近1回分)
・給与明細書(直近2ヶ月分)

○ 無職で生活保護を受けていない方

・非課税証明書(市区町村役場で取り寄せる。)

○ 生活保護、年金、扶助を受けている方

・受給証明書

○ 自営業(1年以内にやめた方を含む。)

・税金申告書の控え(過去2年分)

○ 会社代表(1年以内にやめた方を含む。)

・税金申告書(過去2年分)
・決算報告書(過去2年分)

○ 退職金の支給が見込まれる方

・退職金計算書

○ 自動車、バイクを持っている方

・車検証、登録事項証明書
・登録事項証明書

○ 生命保険に加入している方

・生命保険証書

○ 生命保険に以前加入していた方

・解約払戻金計算書

○ 不動産を所有している方

・不動産登記簿謄本
・固定資産額評価証明書

○ クレジットカードを持っている方

・すべてのクレジットカード

○ 差押や仮差押をされている方

・裁判所から送付された決定正本


※戸籍謄本・住民票・固定資産額評価証明書・不動産登記簿謄本は原本を提出します。それ以外はA4判のコピーで提出します。
※持っている財産がすべてなくなる訳ではありませんので、正直に申告して下さい。
※破産申立に必要な書類は、裁判所によって若干の相違がありますので、管轄の裁判所で確認して下さい。

今すぐ専門家を探す

自己破産に強い専門家をPICK UP!!

自己破産に強い専門家を「自己破産相談ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 引っ越し 防犯・カギの事なら.net Q&A QRコード