自己破産にかかる費用

①自分で申立てする(同時廃止)場合

自己破産の手続きは、知識の少ない素人が1人で行うには、難しく、手間がかかる場合があります。もちろん、弁護士(司法書士)に依頼しなければ自己破産の手続きが行えない訳ではありません。知識とやる気さえあれば、十分に自分だけの力で行うことは可能です。
費用は、印紙代や切手代・予納金などで3万円前後となります。

②弁護士や司法書士に依頼する場合

弁護士や司法書士に依頼する理由はさまざまですが、多くの方が依頼する方がメリットが大きいと思っているようです。専門家に依頼すると、申立てに必要な債権関係の情報収集も債権者に直接交渉してもらえます。集めにくい債務の証明書は自分で集めなくてよくなります。
免責不許可理由に抵触する可能性がある場合なども、専門家の経験が大きくものを言います。
費用は、個々により大きく異なりますが、同時廃止の場合でも15万~40万円の費用が掛かります。
最近は分割で費用を支払えるところも増えています。
破産管財人が必要な場合は別途50万前後の費用が必要となります。

今すぐ専門家を探す

自己破産に強い専門家をPICK UP!!

自己破産に強い専門家を「自己破産相談ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 引っ越し 防犯・カギの事なら.net Q&A QRコード